【これ、なーんだ。その2】

  • 2018.05.28 Monday
  • 14:11

こんにちは。

 

 

最近ちょっと体重が増えてきた辻です。

肉のつくところが年々変化してきてます…泣

これから夏に向けて本格的にダイエットを始めなくては!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、早速ですが

理科のお勉強の時間です。

 

 

これ、なーんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校の実験とかで使いませんでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は、シャーレ(ペトリ皿)でした♪

 

 

 

ちなみに、シャーレはドイツ語( Schale)、

ペトリ皿は英語です(petri dish、plate)。

RIKEI−ZAKKAではドイツ語のシャーレで表記してます♪

 

 

もともとは微生物の培養実験で用いられるガラス製の平皿。

微生物の培養に際しては滅菌の必要がある為、

熱に強い素材でないといけないためガラス製の物が主流でした。

 

 

が、最近では安価で手間もかからない滅菌加工済みのプラスチック製が主流となっているようです。

乾熱滅菌(160℃〜200℃で、30分〜2時間加熱する滅菌法)やオートクレーブ滅菌(高圧蒸気滅菌)などは出来ないため、基本的には使い捨てだそうです。

 

ちょっぴり寂しいような気がしちゃいますが、世の中便利になってきている証拠ですね!

ありがたやありがたや。

 

 

 

 

そんな実験の場からは世代交代の煽りを受けているガラス製シャーレさんですが、

ガラス製だからこそ使い勝手がいいのです♪

 

 

乾熱滅菌にもかけられるくらいなので、食洗機などもOK。

温度次第ではオーブンでの使用ができるので、

今流行りのガラスにデザインを焼き付けするDIYなどにも使えますね♪

 

 

 

アクセサリーやネイルなどのパーツを保管しておくのに使うだけでも、

なぜかプラスチック製の物よりぐっとおしゃれ感がUP!

耐熱とはいえガラスなので、丁寧に扱わないと割れる心配はもちろんありますが

やはりその透明感はガラス製ならではですよね。

ただのピアスも、シャーレの中に入っているだけで一つの作品のように見えちゃいます。

フタが付いているから、中の物が汚れる心配がないのも嬉しいですね!

 

 

 

 

また、こんな風にハコニワ風に飾ってあげれば、素敵なインテリア作品にも♪

 

 

 

耐熱を生かして、アロマキャンドルの器としても♪

フタ付なのでホコリ防止にもなりますし、縦型収納なので場所をとりません!

 

 

 

 

 

本来は微生物などの培養に使われていたアイテムとは思えないくらいに

使い方次第でこんなにたくさん楽しめちゃいます!!

 

 

 

 

これは何に使おうかな♪と、考える過程がまた楽しいんですよね(*^^*)

これからもそんなワクワクするような提案をしていけたらと思います!

 

 

 

▼シャーレ75×20

http://rikei-zakka.com/?pid=111061624

※サイズ各種ございます!

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました(●^o^●)

今週も一週間元気に過ごしましょう〜!

 

 

 

 

 

 





よろしければこちらもフォローお願い致します♪

 

 

 

 

 

 

 

 


instagram▼

 


https://www.instagram.com/rikeizakka/

 

 

 


facebook▼

 


https://www.facebook.com/rikeizakka/

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM